知ってた?!困るガラス割れの予防方法

一般的な予防法と言えばコレ!

携帯電話で起こりがちなトラブルの一つ、画面のガラス割れ。うっかり本体を落としてしまったり、画面が何かにあたってしまったりと、ちょっとしたことで起こってしまいますよね。割れたまま使用している人もいるくらいですが、その割れ目が引き金になって、バキバキになってしまうなんてことも。
よく目にする予防法に、手帳型のケースがあります。外部からの衝撃を吸収する意味でも効果的な予防法です。他にも、画面に保護シートを貼り付ける方も多いのではないでしょうか。シール型のシートを張っている方もいますが、保護ガラスのシートはより耐久性に優れています。傷もつきにくく操作時のタッチ感も問題ないので、リピーターも多いようです。

試してみたい予防法はこちら!

画面割れに効果的な予防法として、クッション性のあるシートを携帯電話の表と裏の両面に張りつけるシールがあります。ウレタン素材で出来ているため、衝撃に強く細かな傷もつきにくいアイテムです。
よく携帯電話を落として画面割れしてしまうという方にお勧めなのが、携帯電話の裏にリングを取り付ける方法です。リングに指を通して使用するため、安定感があり、そもそも落下防止になります。
また、クッションゴムの装着も有効です。携帯電話の四つ角に小さなクッションゴムを装着するだけで、落下した時の衝撃を吸収して画面割れを防止してくれます。携帯電話専用のものではありませんが、小さなクッションゴムを付けるだけなので、かさばることもありませんよ。

iphoneの修理を吉祥寺でしたほうが店舗数が多くて、安く修理ができるところを見つけやすくなっています。